キャンパスライフ[在校生インタビュー] | 保育士専門学校なら越谷保育専門学校で保育士の資格を取得!

保育が私の生きる道。

第一部 幼稚園教諭保育士養成学科 2年制
文部科学大臣 厚生労働大臣 指定校/職業実践専門課程 認定校

048-965-4111(代)



在校生インタビュー

小鎌 寧々さん

私は保育者になるという小さい頃からの夢を叶える為に越谷保育専門学校に入学しました。小学生の頃にピアノを習っていたのですが、ブランクがあり不安だったので越谷保育専門学校を選びました。入学前のピアノ講習会から一人ひとりに合ったペースで進めることができたり、入学後も放課後のサポートレッスンなどがあったり、たくさんのサポートが受けられると思ったからです。今では弾ける曲が増えていき、ピアノを弾くことがより楽しくなりました。これからもっと多くの曲を弾けるように頑張ろうと思います。

田中 彩織さん

私は初めての実習体験はとても不安で緊張していました。しかし2回目からはクラスの子どもたちが覚えていてくれて私のところに来てくれたり、手遊びや紙芝居を楽しそうに一緒にしてくれたり、とてもいい経験ができました。大変だと感じることもありましたが、附属の先生方が優しく分からないところを教えてくれたので頑張ることができました。そして、この実習を通して改めて保育者になりたいという気持ちが強くなり、9月の実習に向けても新たな目標ができました。

関口 陽子さん

私は子育てをする中で保育者という仕事に憧れ、目指したいと思うようになりました。しかし年齢のことが気になり、なかなか一歩を踏み出せずにいました。越谷保育専門学校は社会人経験者や既卒者も多く、幅広い年齢層の方がいる環境なので安心して通うことができます。教えてくださる講師の先生方は経験豊富で熱心に教えてくださり、知識と実践的な技術が身につきます。また、授業料等減免制度や給付金制度を利用し、金銭面でのサポートも充実しており安心して通うことができています。

角田 悠さん

私は大学を卒業した後に一般企業に就職しましたが、保育を学びたいという気持ちが強くなり、越谷保育専門学校へ入学しました。受動的な大学の講義と違い、自分で考えて発言したり、発表する場がとても多く、授業に積極的に参加することで考える力や人前に立つ度胸が培われます。現場を意識した授業が多く、実際に自分が保育者としてどうすればいいのかということを意識して取り組み、授業で作ったものや経験を実習に活かしています。授業外でも、図書室で専門書を借りて様々な道具を作ったりピアノで弾ける曲を増やしたりと、毎日時間が足らないと感じるくらい充実した学生生活を、私はこの学校で送ることができています。

石島 未貴さん

子どもにより深く関わる仕事がしたいと思い、卒業と同時に幼稚園教諭の免許と保育士の資格を取得できる越谷保育専門学校に魅力を感じて入学を決めました。クラス担任制のため現役生との年齢差に戸惑いや不安を感じましたが、授業の中で意見交換をしていくうちに自然と会話も増え、今では充実した毎日を送っています。疑問点や悩みがあれば、経験豊富な先生方が親身に応じてくれるので安心です。例えば放課後に先生とのマンツーマンで指導してもらえるピアノサポートレッスンがあるので、より集中して技術を磨くことができ、本当に心強いです。また、金銭面において授業料等減免制度などの学費サポートが充実していることも決め手になりました。

資料請求 オープンキャンパス
  • 既卒者の方へ
  • 卒業生の方へ
6つの付属幼稚園
専門実践教育訓練給付金

イベントカレンダー

2017年8月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
  • オープンキャンパス
  • 個別相談会
  • 選考日


Copyright © 2017 Koshigaya hosen. All Rights Reserved